京都オープンデータソン2014 vol.3

2014-10-05(日)10:00 - 17:00

京都府立図書館

京都市左京区岡崎成勝寺町9

門野久義 M.Kosuga + 3人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

イベント内容

みなさん!オープンデータは行政から、もらうものだと思っていませんか?それはオープンデータの1つの側面でしかなくて、オープンデータは、みんなで作ることもできるんですよ!

みなさんが見たこともある「wikipedia」もオープンデータの1つです。また、オープンデータの地図である「OpenStreetMap(OSM)」もあります。オープンデータを行政にばかり期待するのでなく、地域の歴史や文化を学びながら、みんなでオープンデータを作ってみませんか?

2014年度 京都オープンデータ実践会では、歴史的文化的資産あふれる京都の情報をまち歩きして、みんなでオープンデータにするイベント「まち歩きオープンデータソン」(「wikipediaタウン」+「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」)を、今、注目の京都市「岡崎」地域を対象にして行います。

京都のまちを歩いて、京都の歴史的文化的資産をみんなでオープンデータにして、
京都の魅力情報を世界に発信し、二次利用による情報流通を促進させていきましょう。
みなさんのご参加をお待ちしております。よろしくお願いします。

開催概要

京都まち歩きオープンデータソン2014 in 岡崎 vol.3
日時:2014年10月5日(日)10時-17時
会場:京都府立図書館
3階マルチメディアインテグレーション室
京都市左京区岡崎成勝寺町9
http://www.library.pref.kyoto.jp/shisetsu.html#koutuu
定員:50名程度 
参加費:会場費相当分につきまして、1人200円程度のカンパをお願いします。
主催:オープンデータ京都実践会

懇親会

また、終了後、希望者による懇親会を開催します。

  • 場所:坐・和民
  • 予算 4,000 円程度
  • 開始 18:00

アンケート

申し込み時に、WikipediaタウンとOpenStreetMapのどちらを主にやってみようとお考えか、懇親会に参加予定かを回答ください。

「wikipediaタウン」

wikipediaタウンは、地域が誇る史跡や歴史的建造物等を文献資料、及びフィールドワークにより調査し、その調査結果をWikipediaページとして作成し、オープンデータとして公開するプロジェクトです。京都の街に出て、まち歩きしながら、「ご当地Wikipediaタウン」を行います。

「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」

OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティーは、道路地図などの地理情報を誰でも利用できるよう、地理空間情報のオープンデータを作成・公開するOpenStreetMap(OSM)をみんなで集まって作るプロジェクトです。京都の街に出て、まち歩きしながら、「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」を行います。
OpenStreetMap を編集してみようという方には事前課題がありますのでご確認ください http://www.yamasita.jp/osm/seminar/OSM_common/

その他の申し込み方法

Facebookでも以下より申し込みできます。このページかFacebookのどちらかでお申し込みください。
https://www.facebook.com/events/286858828178006/


【プログラム】
10:00~10:20 開会あいさつ・趣旨説明・オープンデータとは

10:20~10:50 OSMの概要説明(瀧口さん)
10:50~11:05 Wikipediaの概要の説明

11:05~11:25 京都府立図書館の使い方・地域情報の調べ方
11:25~11:30 班分け
11:30~12:30  OSMチーム お昼
12:30~14:00  OSMチーム 現地調査(12:30から藤井さん合流)
14:00~16:15 OSMの編集方法の説明と編集(西村先生、山下他)

11:30~12:30  wikiチーム 図書館で下調べ
12:30~14:00  wikiチーム 現地調査
14:00~14:15 Wikipediaの編集、アップロード方法の説明

14:35~16:15 Wikipediaの編集

16:15~16:45 成果発表

16:45~16:50 閉会あいさつ、写真撮影、アンケートのお願い


作業はパソコンとインターネットを通じて行います。
各自パソコンをご持参ください。
会場にはwifiも用意いたしますが、
wifiルータお持ちであれば、ご持参ください。

また、会場で当日、同じネットワークIPから多数のアカウント登録を行うと怪しまれてアカウントに制約がかかる可能性があるそうですので。
事前にWikipediaとOpenStreetMapのアカウント作成をしてもらった上で、当日参加いただきますようお願いします。
Wikipediaアカウント取得
https://ja.wikipedia.org/wiki/
OpenStreetMap(OSM)アカウント取得
http://www.openstreetmap.org/
上記から各自登録をお願いします。
よろしくお願いいたします。

パソコン作業はあまり得意でないので、作業ができるかどうか不安な方も、ご安心ください。
「ウィキメディア・コモンズ」への画像登録なら簡単です。
「ウィキメディア・コモンズ」は、Wikipediaと同じウィキメディア財団による姉妹プロジェクトで,誰でも自由に利用できる画像・音声・動画,その他あらゆる情報を包括し供給することを目的とするプロジェクトです。
現地調査で撮影した現地の写真の画像登録であれば、とっても簡単ですので、デジタルカメラをご持参ください。
ご家族で来ていただいて、こどもたちに登録してもらってもいいですねー。


まち歩きオープンデータソンとは
(「wikipediaタウン」+「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」)
京都の文化的資産をみんなでオープンデータ化します。
「wikipediaタウン」
wikipediaタウンは、地域が誇る史跡や歴史的建造物等を文献資料、及びフィールドワークにより調査し、その調査結果をWikipediaページとして作成し、オープンデータとして公開するプロジェクトです。
京都の街に出て、まち歩きしながら、「ご当地Wikipediaタウン」を行います。
「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」
OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティーは、道路地図などの地理情報を誰でも利用できるよう、地理空間情報のオープンデータを作成・公開するOpenStreetMap(OSM)をみんなで集まって作るプロジェクトです。
京都の街に出て、まち歩きしながら、「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」を行います。


2014年2月に開催したインターナショナルオープンデータデイ 2014 in 京都の
内容は、以下をご覧ください。

「インターナショナルオープンデータデイ 2014 in 京都が行われました。」/
“2014年2月 - うじじす@オープンデータeventブログ”
http://blog.goo.ne.jp/kazu013057/d/20140225

インターナショナルオープンデータデイ 2014 in 京都  プレイベントが行われました!
http://blog.goo.ne.jp/kazu013057/e/9d9a5d859fb00f736e01f3e7134316d3#


参考
岡崎公園のwikipediaページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E5%85%AC%E5%9C%92_(%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82)

岡崎公園周辺のOpenStreetMap
http://www.openstreetmap.org/#map=18/35.01340/135.78234

オープンデータ京都実践会では、これまでオープンデータについての勉強会を開催してきました。
オープンデータ京都勉強会はこちら
https://www.facebook.com/events/168344006654559/
https://www.facebook.com/events/124171601122749/

オープンデータとは
オープンデータとは,政府,自治体,公共機関等が保有する大量の情報を公開し,インターネットを通じて誰もが無料でアクセスしてダウンロードして利用でき,自由に再利用・再配布することができるデータのことです
民間がそれを活用することで地域振興やビジネス創出が期待されています。
オープンデータとは何か? ? Open Data Handbook http://opendatahandbook.org/ja/what-is-open-data/index.html
平成25年6月14日閣議決定された政府の「世界最先端IT国家創造宣言」では、目指すべき社会・姿を実現するための取り組みとして、オープンデータの活用推進が筆頭にあげられています。

世界最先端IT国家創造宣言
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/20140614/siryou1.pdf

コミュニティについて
(旧)オープンデータ京都実践会

(旧)オープンデータ京都実践会

注意:Doorkeeperの有料化に伴い、connpassへ移行しました。 http://opendatakyoto.connpass.com/ 京都らしいオープンデータのベスト・プラックティスをたくらむ会です Facebook: https://www.facebook.com/groups/351479764985705/ Blog: https://opendatakyoto....

コミュニティに参加